メインイメージ画像

賃貸事務所を神戸で選ぶ際

賃貸事務所を神戸で選ぶ際、耐震性が優れている建物は相場が高くなってしまうのを不安にお思いでしょうか。実際に、災害対策をしっかり実施しているビルであれば、賃貸料金が高くなるのは当然のことかもしれません。しかし、とは言っても耐震性に心配のある物件で日々安心して出勤出来るとは考えられませんね。
それに、万一地震災害が発生した時に耐震強度がない事務所では、大きな物質的損失が出ることは間違いないのです。それを考慮すると、割高の料金と思っても結果的に安く上がることになりますね。

事務所選びをするのに、相場をエリアごと、さらに賃貸物件の広さごとに調査することは大切ですね。事務所の賃貸料の相場はどうしたら把握できるか考えてみましょう。近頃は賃貸物件サイトの検索が細かくできるため、エリアごとの家賃や坪あたりの単価の平均値がひと目で把握できるようになりました。
さらに、独自の希望条件で探して相場をチェックするのも簡単にできるのです。大抵の相場が分かったら、実際の建物を内見した時にその家賃設定が割高かどうか検討材料に出来ます。

事務所で設置するオフィス家具をお探しですか。事務所移転後の費用はできるだけ安く済ませたいものです。賃貸事務所にはオフィス家具が備え付けの事務所も多いですし、リース備品を採用する手法、その他には、中古や安価なオフィス家具を買うアイデアもあります。
ここに挙げたやり方にすれば、実際に事業展開していく中で使い方や増員に応じて配置を変更したい時も金銭的な負担が非常に少なくて済むでしょう。中でもリース家具は古い備品の処分等の労力が不要で、とても利便性が高いです。

事務所移転にかかる費用には何があるか見てみましょう。礼金や敷金、仲介費用などは一般的な住居用の賃貸と変わりません。事務所独特の初期費用としては同じビルの他のテナントやビルのオーナーに損害を与えた場合を対象とする賠償保険や家賃延滞を保障する賃貸保証料などの費用が主に考えられます。
また、社名の看板など、エクステリアを変更するという場合にはその外装費用も掛かりますね。物件のオーナーによっては工事請負先が特定の業者に限定されていることもありますからオーナーに問い合わせてみましょう。

更新情報