メインイメージ画像

賃貸事務所を東京で選びきれない時は

賃貸事務所を東京で選びきれない時は、耐震強度を比較した上で決めるのが良い方法です。相場的に問題なく、大体同じコンディションの物件があって、最終的にどのビルにするか迷うということは多いものです。こんな場合は、何よりも耐震強度を比較して考えるのが安全でしょう。耐震性能の比較項目として、いつ頃建設されたかという点が肝要です。
チェックポイントとして、新耐震基準を適用している1981年より後に施工していることが必要でしょう。その中で、より効果的な耐震設備を有する賃貸物件が良いでしょう。

事務所選びをする時には交通の面をリサーチしておくことが最も重要な項目です。なぜなら、この先ビジネスを展開するにあたり交通アクセスが良い場所ならば、来客者にも、毎日通勤する社員にとっても条件が良いと考えられるからです。顧客の立場では当然ですが、従業員の立場に立っても、通勤時間が長ければその分通勤の時間がストレスになりますし、アクセスの良いオフィスには優秀な従業員も集めやすいと言えます。
これを踏まえた上で、家賃とのバランスを考えて事務所を見つけましょう。

こちらで貸倉庫を探せます!東京の情報満載☆
http://www.builbank-r.com/tokyo/souko/

事務所で利用するオフィス家具を格安でお探しですか?事務所移転後の初期費用は少しでも低く済ませたいですよね。賃貸事務所にはオフィス家具がセットになった物件も多いですし、リース家具を活用するやり方、また、リサイクルや格安のオフィス家具を買うという考え方もあります。これらの方法でしたら、移転後事業展開していく中で使い方や事業拡大に合うようにレイアウトを変更した場合も金銭面で追加コストが少なくて済むでしょう。
とりわけリースは不要な備品の処分等の手間がいらず、とても便利です。

事務所のレイアウトを決める際、どういった点に留意すればよいか整理しましょう。事務所に常駐する社員数やPC類のサイズだけでなく、来客はありそうか、ミーティングルームはいくつくらいいるのか、この先人員が増える採用計画があるのか、どの位の期間使いそうなのかも予め考えておきましょう。レイアウトの工事業者は坪数と使用人数からレイアウトのフォームを沢山用意していますから、レイアウトに関する希望条件が決まったら一度見積依頼をすると良いレイアウトのアイデアがもらえるでしょう。

更新情報