メインイメージ画像

賃貸事務所を横浜で検索する場合

賃貸事務所を横浜で検索する場合、相場から検索しましょう。賃貸事務所の賃料は長い期間、比較的大きな負担が発生するため、価格面から物件選びする方法が安心です。大多数の賃貸物件サイトでは、ひと月あたりの賃料をキーにした検索もでき、坪単価をキーにした検索も可能です。
坪当たり単価を見ると、そのエリア内では割安か割高か比較することが可能なので参考に値するデータと言えます。そして、注意点としては賃料には管理費や共益費も入っているのか確認しておくのが良いですね。

事務所選びをする時には交通の利便性をリサーチしておくのは一番重要な項目です。なぜなら、今後経営を続けていくためには交通のアクセスが良ければ、取引先の立場でも、そこで働く従業員にとっても良い立地と考えられるからです。顧客からしてみれば勿論のこと、社員にとっても通勤にかかる時間が長ければその分無駄な拘束時間が負担になりますし、立地条件が良いオフィスには能力のある社員も集まりやすいものです。
こういった事情を理解の上、賃貸料の金額も考えて事務所を探しましょう。

事務所を探す時に天井の高さについて忘れてしまいがちです。天井の高さが低いと、思ったよりも威圧感が大きく、狭い感じや不快感が拭えないものです。通常の事務書であれば、事務所の天井の高さは少なくとも2.6mは欲しいところで、2.7メートルあれば快適な空間が感じられます。不動産業者の検索画面では天井高を検索条件として事務所のサーチができるので、活用してみましょう。
ちなみに、築後古い物件には天井の低い建物がよくありますから、気をつけて選びましょう。できるだけ天井の高さを確保し快適な空気の作業環境にしておきましょう。

事務所を利用していて更新時期を迎える場合のチェック項目をまとめてみましょう。もし引き続き入居をしたいなら、事前に自動更新なのか、更新の意思表示が必須なのか調べておきましょう。契約更新では多くの場合、毎月の賃料とは別に更新料や契約事務手数料が発生します。
不動産業者によるのですが、1,2ヶ月分の賃料の金額である契約が殆どです。さらに、契約更新のタイミングでは次の更新までの期間の賃貸料の金額改定がオーナーに認められているので、家賃が変わっていないか注意しておきましょう。

更新情報